コンプレックスは味方?

ちば

ちば

本日も真夜中にこんばんは。
ねむねむ(眠眠)の実の能力者、ちばです。
(彼氏に言われた)
(ワンピース読んでない方ごめんなさい)

予定がなければ20時間ぐらいは寝れちゃうタイプです・・。
(夜ふかしのくせに)

ちばさんてコンプレックスありますか?

先日のインスタliveで頂いた質問。
パッと答えようとして、ありすぎてどうしたらいいかわからなくなってしまった。

目の小ささも、奥二重も
歯も鼻の大きさも、顔の余白も、足の太さも
学歴もメンタルの弱さも
もはやコンプレックスじゃないとこってどこだろうか。

えっと、、、(固まる)。

特にSNSで顔出しするようになってからは
あらゆるご指摘を頂きますので
どうしてもコンプレックスの存在は大きなものになります。

コンプレックスとどう向き合っていますか

今の所どう気にしないようにしようとしても
まぁ忘れはしませんし
個人的にはコンプレックスはなくなることはないのかしら、とも思います。

でも以前よりはかなーり気にならなくなりました。
それはなんでかって言うと

コンプレックスだらけでも、大事にしてくれる人はいる
良い面に気づいた

という2点。

コンプレックスだらけでも、大事にしてくれる人はいる

shabonファンの方、彼氏、友達、同僚。
幸い、いい出会いに恵まれて私はたくさんの方に支えられて大事にして頂いてます。

そう思うと、シンプルに「まぁこんな私でもいっか」と肩の力が抜けた気がします。
「このワンピースのこのデザイン、ボタン2つがよかったのに・・!まぁでも3つでもいっか」
ぐらいの感覚。

思った以上に自分が「コンプレックス」と感じている部分は
自分が幸せになるために、そんなに大きな問題ではないということ。

 

でも、自分のことで頭がいっぱいいっぱいになってるときって「大事にしてくれる人のこと」
忘れがちだったりしませんか?

意外といると思います。それに気づけたことで私はとても楽になった気がします。

また、その経験をもとに「私も人を大事にしたい」という思いで行動すると
また「大事にされ」て、幸せのループ。
(もちろん恩を仇で返す例外もあるけど、あくまで例外)

いい面に気づいた

これはやや卑屈といえば卑屈ですが
「私がもしめちゃくちゃ美人だったら、みんな私に親近感わかないから今の顔でちょうどいいじゃん!」とか

こうやって指摘されるからこそ
「同じように辛い思いをした人に共感できる」とか

「もともと超絶美人だったら、そもそもコスメに興味もなかったかも。
こんな楽しいもんを知れるきっかけを作ってくれたコンプレックスバンザイ!」とか
(それは言い過ぎ)

コンプレックスを受け入れる、良い言い訳は意外とあるものです。

コンプレックスは意外と味方かも

大事な人に気づけたり、自分の新たないい面に気づけたり
意外と「コンプレックスが果たす良い影響」は無きにしもあらず。

今コンプレックスに悩んでる方はぜひ、それを探してみてね。

 

・・・なぁんか今日は真面目になっちゃってつまんない文章書いちゃったな、、
反省。。。精進します。。。

コメントする

関連記事