【初体験】パーソナルカラー診断

ちば

ちば

きょうも夜中にこんばんは。
先ほど会社のメンバーですごくおいしいお肉を食べてきました。

うまかったー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は午前中、初のパーソナルカラー診断をプロにしてもらいました。
詳しい内容はyoutubeに投稿するのですが
想像以上に、おやっ、と思う新たな気づきがありました。

①パーソナルカラー診断はキライな色を見つけるんじゃなくて  好きな色を見つける診断

②パーソナルカラー診断は勉強会。受け身NG

 

そもそも私、こういう美容メディアの仕事をしていて、
コスメも大好きなのになぜ、
診断を受けるのがこんなに遅かったかというと

「好きな色 」は似合う・似合わない関係なく使いたくって
苦手意識を持ちたくなかったんです

だから正直そこまで乗り気じゃなかったんですよね。

その思いを最初パーソナルカラーアドバイザーさんに伝えたところ

「わかりますよ、そのお気持ち!!
でもパーソナルカラーを知る意味は、
一つの知識』として
色の使い方や見え方を勉強する
ということです。

好きな色は『心が求めている色』ですから
どんな診断であろうとじゃんじゃん使ってください!使うべきです!

と言われ、なんだかスッと心が軽くなりました(*^^*)

 

その後実際に診断頂き、当然結果として「得意なカラー」「やや苦手なカラー」は
判明したわけですが

面白いことに「苦手なカラー」というのが想像した以上に印象が薄い(笑)。

いや、説明してと言われたらちゃんと思い出して伝えられるのですが
だからと言って、使うのを躊躇するという気持ちには全然なりませんでした。

それよりも嬉しかったのが「私、こんな色も似合うんだな」という新たな発見!

そう、この現象占いで思い出したんですけど・・
良い結果は信じて悪い結果は忘れる!」(笑)

(忘れたわけではないんですが)

なんとも都合がいい。。そして楽しい。。
この思考の仕方は他にも活かしたいなぁと思いました。

(上司に褒められたことだけ意識して、指摘されたことは意識うすめに。。笑)

あとは、「パーソナルカラー診断」ってなんとなく
占いみたいなものだと思ってたんです。

極端に言えばぼーっとしてたら勝手に診断してくれるかなって感じ。

でもね、あれは本当に「勉強会」

すごく学ぼうという気持ちでいかないと
「あなたの季節は◯◯」ということだけ覚えても

結果どんな色が合うのか、どのコスメがいいのか、全然わからず
とっても診断料がもったいないことになる。

このアイシャドウの色は春?イエベ向き?それとも?っていう判断って
いや、改めてむちゃくちゃ難しい!!

ってことを今回気づき、アドバイザーさんをめちゃくちゃ質問攻めして・・
へとへとになるまで勉強しました(笑)。

パーソナルカラー診断、お金も時間もかかるので
もしこれから受ける方はぜひ気合をいれて
アドバイザーさんを質問攻めにしてきてください(*^^*)笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日もちゃんとした感じで寝れなかったので(行き倒れみたいな寝落ち)
今日こそちゃんと寝るぞぉ!

おやすみなさい?

コメントする

関連記事